視力が気になる子供の視力回復〇〇

子供の視力回復!スポーツの成績が変わる劇的な効果?

 

子供,視力,回復

 

⇒ DFなんて怖くない!U12現役監督 驚異のドリブル指導!

 

サッカー人口は着実に増えています。日本人選手が次々に海外でプレーする様になり、

 

サッカーに対する関心は高くなっています。

 

最近ではフットサルも盛んになり、個人でも手軽にサッカー(フットサル)を

 

プレー出来る様になってきていますね。

 

Jリーガー100人にアンケートをとりました。

 

コンタクトレンズを使い始めて、サッカーのプレーに変化はありましたか?

 

90人が「良くなった(やや良くなった)」と回答していることが、

 

ジョンソン・エンド・ジョンソンの調査で分かりました。

 

また「正しい視力で見えるようになると、サッカーの競技力が向上すると思いますか」との質問に対し、

 

「向上すると思う」と回答したのは95人にも達した。

 

サッカーをする上でどのような視力が大切だと思いますか、と聞いたところ

 

「対象物(ボールやゴール)がはっきりと見える」(78人)がトップ。

 

次いで「遠くまではっきり見える」(59人)、

 

「相手、対象物(ボールやゴール)との距離感をとらえる」(57人)、

 

「広い視野」(45人)という結果になりました。

 

いかにスポーツにとって視力が大事かということですね。

 

 

サッカーは的確な状況判断をたえず求められるタフなスポーツだ。

 

ベストな判断をするためには、いかに正確な情報を入手し、

 

すばやく体に反応させられるかが重要ポイントとなる。

 

正しい視力がなければ、スーパープレーは起こり得ません

 

ととあるJリーグチームのチームドクターも、語っています。

 

動体視力とは、動くものを続けて捉え続ける能力のことで、

 

止まっている物を見極める静止視力とは別の能力です。

 

静止視力が良くても動体視力は悪いことや、その逆のケースもよくあります。

 

特に球技においては動体視力の高さは重要な要素と言われています。

 

動体視力がよくなるとよりスポーツが楽しめるようになるでしょう。

 

スポーツで、今よりももっと上達したいなら、どうしますか?

 

もっと練習しますか?

 

練習不足、それは努力が足りないせいだと思っていませんか?

 

確かにある程度の練習は必要でしょうが、

 

正しい練習方法が必要ではないでしょうか?

 

そのためには、正しい練習方法を受ける準備が必要です。

 

おおまかには小学生なら0.5以下、中学生なら0.7以下

 

でなければ大丈夫でしょう。

 

これ以下の場合、めがねやコンタクトをするしないは別として

 

なんらかの視力回復を考慮する必要があります。

 

 

子供のスポーツに必要な視力は0.8以上は必要です。

 

ただし、裸眼での話ですが・・・。

 

この後説明する、4つの視力を駆使するためにも

 

スポーツで活躍するなら、これくらいの視力は確保すべきでしょう。

 

 

 

子供,視力,回復

子供の視力回復 スポーツに必要な4つの視力を考察する

小学生、中学生共に、子供がスポーツをする上で

 

重要となる4つの視力とは

 

・動体視力

 

・周辺視力

 

・深視力

 

・瞬間視

 

 

この4つが重要なのです。

 

 

スポーツには、視力によって能力を大きく左右される競技とそうでないものがあります。

 

たとえば、マラソンや水泳といった競技は目を使った判断によってプレーを

 

左右されることはあまりありません。

 

 

しかし、野球やサッカー、テニスといった球技、空手や剣道などの

 

格闘技には、視力がプレーの内容に大きく関わってきます。

 

 

私たちが視力検査のときに測定する視力を「静止視力」といいます。

 

止まっているものを見る視力のことです。

 

一方、動くものを見る視力のことを「動体視力」といいます。

 

 

この動体視力に大きな影響を受けるスポーツ競技が「球技」です。

 

 

特に動きの速いボールを相手にするテニスやサッカーなどでは、

 

この動体視力が重要な鍵を握ってきます。

 

動体視力には2つの種類があります。

 

 

1つは「DVA動体視力」といい、左右、もしくは上下に動くものを

 

見る視力を指します。

 

2つめは「KVA動体視力」で、遠くから自分の方へ近づいてくるものを

 

見る視力を指します。

 

 

 

我々は意識して「ものを見よう」とするとき、

 

目は目の光を感じる部分である「網膜」の中心で

 

ものを見ています。

 

 

これを「中心視力」といいます。

 

 

これに対して「周辺視力」とは、網膜の中心以外の、

 

周りの部分を使って見る視力を指します。

 

 

「周辺視力」は広範囲のものを視界に入れることができるので、

 

周囲と自分の位置関係を把握するのに役立ち、

 

スポーツ選手にとっては重要な要素の一つになっています。

 

 

特に、バスケットボールやサッカーのように、ボールの動きだけでなく、

 

敵や味方の人の動きも視野に入れて、プレーの判断を

 

迫られるようなスポーツで大変重要となる視力が

 

この周辺視野になります。

 

 

 

「周辺視力」を遮断してしまうと、平衡感覚が失われたり、

 

精神的に不安を感じてしまう、という実験結果もあります。

 

 

周囲が見えていないと、試合中自分のポジションが判断できなかったり、

 

方向感覚が上手く働かないといったことが起こるということですね。

 

 

人は、自分で意識して見ているもの以外にも、

 

自然と「周辺視力」を使って広い範囲を認識しています。

 

 

子供,視力,回復

 

 

普段は気付かないけど、「周辺視力」はとても重要な役割を持っているのです。

 

 

「深視力」とは聞き慣れない言葉ですが、

 

これは遠近感や立体感を見る視力のことです。

 

つまり、前後の距離感を測定するものです。

 

 

たとえば、サッカーは22人のプレーヤーが複雑なフォーメーションで

 

たえまなく動くスポーツです。

 

 

一瞬にしてプレーヤーの前後関係を判断できなくては、

 

適切なパスを出せません。

 

また、センタリングされたボールのシュート、ヘディングなどのタイミングは、

 

微妙な距離感があってこそです。

 

深視力がサッカー選手にとって非常に大事な能力となるのです。

 

 

 

また、深視力と同じようにスポーツのシーンで活躍する視力の一つに

 

「瞬間視」があります。これは、様々な動きをもつ対象物を一気に捉え、

 

把握し、それに対応する能力のことです。たとえば、シュートを打つときなど、

 

一瞬の内にどこに打つかを決めなければなりません。

 

野球の打撃も「瞬間視」を必要とするいい例です。

 

手元に来たボールが止まって見えれば、見えるほど

 

打撃の確立は上がりますよね。

 

これら4つの視力が、子供のスポーツには求められています

視力回復プログラム 子供でもできる!アイトレーニングの全て

 

子供は、近視になったといっても、ほとんどの児童が近視歴は短いものです。

 

そのため子供の目は固まっておらず、まだ柔軟性があります。

 

近視が進行していても、せいぜい屈折性近視でしょう。

 

また子供は成長期にあります。

 

そのため、近視回復トレーニングによって、

 

どのようにでも近視は改善していくものです。

 

脳もまだ未発達な状態にあります。

 

このため子供の近視回復法は、

 

毛様体筋の緊張を解くトレーニング・訓練が主体になります。

 

仮性近視の子供は特にそうです。

 

しかし、もちろん眼球を動かす眼筋トレーニングを併用してもOKです。

 

むしろ外眼筋を強く鍛えておくと、急激な視力低下を起こさずにすみます。

 

 

・眼の筋肉(眼筋)を鍛える

 

映像情報を早く正確にキャッチするためには、

 

眼球を素早く動かし、物体に対して正確に位置と

 

ピントを合わる必要があります。

 

眼球を動かしているのは眼球の周りにある6つの眼筋ですが、

 

動体視力トレーニングの第1歩は、眼筋を鍛えることです!

 

 

動体視力には、KVA動体視力とDVA動体視力の2種類があります。

 

 

・KVA動体視力

 

自分自身に近づき向かってくるものを見極める能力をと言います。

 

例えばボクシングのパンチやピッチャーが投げるボールを

 

見極めるのに必要な能力です。

 

 

・DVA動体視力

 

目の前を横切ったものを見極める能力を言います。

 

左から右といった横の動きだけでなく、上から下といった

 

縦の動きも同様です。

 

例えばテニスや卓球などボールの動きを見極めるのに必要な能力です。

 

 

DVA動体視力が眼球運動を必要とする為、視力回復に深く関わっているのです。

 

 

またDVA動体視力は比較的トレーニングが日常の中ででき、

 

動いている電車から外の看板の文字を読み取るだけでトレーニングができます。

 

 

KVA動体視力を鍛えるのは高速で近づいてくるものを

 

見る事に慣れるのが一番効果的です。

 

車に乗っている時、すれ違う車を3台連続で、4桁のナンバーを

 

足し算するなどのトレーニングが効果的です。

 

 

しかしKVA動体視力は自分自身に近づいてくるのを見極める能力、

 

つまり遠くから近づいてくるので遠くの物を早く認識する必要があります。

 

視力が悪いとKVA動体視力を鍛えるのに時間がかかるかもしれません。

 

⇒ プロアスリートも利用する動体視力を鍛える訓練とは?!

 

子供,視力,回復

 

 

気持ちよすぎる子供の視力回復トレーニングの全て

子供の視力回復トレーニングおすすめ4つの方法をご紹介します。

 

 

・目の周囲の血行を良くする視力回復トレーニング
・目のツボをマッサージする視力回復トレーニング
・毛様体筋をトレーニングする視力回復トレーニング
・外眼筋をトレーニングする視力回復トレーニング

 

この4種類がお勧めです。

 

 

・目の周囲の血行を良くする視力回復トレーニング

 

目の酷使によって起こる視力の低下は、目の周りの血行を良くすると

 

解消できます。短時間でできる方法が多く、即効性もあります。

 

効果は一時的ですが、継続することで近視の進行を止める効果が

 

期待できます。

 

蒸しタオルやまばたき回復法、目のツボマッサージなどがあります。

 

 

 

まばたき回復法

 

一番簡単に、たった30秒でできる方法です。

 

目を開けたり閉じたりする時に使う「眼輪筋」を強いまばたきに

 

よって刺激し、目の周りや眼球内の血液の流れを良くします。

 

 

 

@ 目だけでなく、顔全体をギュッとするイメージで強くまばたきする
A 1.2.3.4.5とカウントするのに合わせてギュッギュッと力を入れる
B 5.の時にギューッと力を入れたまま、目を閉じた状態を5秒ほど保つ

 

これを連続して3セット行います。

 

目のツボマッサージする視力回復トレーニング

 

ツボ押しは血行が良くなるだけでなく、眼病予防にも効果があります。

 

子供が一人でできるように、親が教えてあげましょう。

 

子供,視力,回復

 

 

(1) 陽白(ようはく)⇒人差し指の腹で、弱めに押す

 

(2) 攅竹(さんちく)⇒親指の腹で、始めは弱く徐々に強く押す

 

(3) 魚腰(ぎょよう)⇒ 親指で押し上げるように押す
   (※刺激が伝わりやすい部分なので、強く押しすぎないように)

 

(4) 糸竹空(しちくくう)⇒人差し指・中指・薬指をそろえ、中指で押す
   2.3秒押して、それを数回繰り返す
   (※刺激が伝わりやすい部分なので、強く押しすぎないように)

 

(5) 晴明(せいめい)⇒親指と人差し指の腹で、つまむように押す

 

(6) 承泣(しょうきゅう)⇒指の腹で弱めに押す

 

(7) 瞳子りょう(どうしりょう)⇒人差し指の腹で、弱く押す

 

(8) 太陽(たいよう)⇒親指か人差し指の腹で、始めは弱く徐々に強く押す
   目のあたりを優しく触るとツボであるくぼみがわかります。
   目のツボを押す時は清潔な手で、目を閉じてリラックスした状態で行います。

 

・毛様体筋をトレーニングする視力回復トレーニング

 

物が見えるのは、毛様体筋によって水晶体が薄くなったり

 

厚くなったりするからです。

 

近視は毛様体筋が常に緊張している状態で、

 

この調節がうまくできていません。

 

そこで毛様体筋を鍛えて、調節する力を取り戻します。

 

毛様体筋のトレーニングには2種類あります。

 

遠近体操法
遠くと近くを交互に見るトレーニングで、毛様体筋を動かして毛様体筋をほぐす。

 

遠方凝視法
遠くの一点に目を凝らすトレーニングで、毛様体筋をゆるめ、水晶体を薄くする。

 

<遠近体操法>
@近くの点と、遠くの点を決める
(例:近く⇒手元に置いた本の文字、遠く⇒部屋の奥に置いてある小物)

 

A近くの点を3秒見つめる

 

Bパッと切り替えて遠くの点を5秒見つめる

 

これを2.3回繰り返し、長くても3分以内にする

 

ポイントは、遠くをやや長く見つめることです。

 

遠くを見た時はピントが合いにくいので、ピントが合うまで見つめます。

 

遠くのピントの切り替えが速くなると毛様体筋がほぐれてきたと言えます。

 

<遠方凝視法>
@少しぼやけて見えるものを一点選ぶ(例:部屋の奥の方に掲げている絵画)

 

A その一点を両目で10〜20秒見つめる

 

これを3.4セット行う。ポイントは「見よう」と意識して見ることです。

 

また「ぼやけているが、もう少しで見えそう」な物を選びましょう。

 

トレーニング中は忘れずにまばたきをしてください。

 

左右の視力に差がある場合は片目ずつやります。

 

片目を手で覆うだけで、あとのやり方は同じです。

 

覆った方の目は閉じる必要はありません。

 

 

・外眼筋をトレーニングする視力回復トレーニング

 

外眼筋とは、眼球を様々な方向に動かすための筋肉です。

 

外眼筋を強くすれば、目の周囲の血行が常に良くなります。

 

そうすると目が疲れにくくなり、近視の改善や眼病予防の効果

 

も期待できます。

 

 

簡単な目の準備運動で外眼筋をほぐす。

 

指の先を目で追うトレーニングで鍛える。

 

脳のトレーニングをする。

 

メガネやコンタクトレンズを外し、顔を動かさないように

 

してやるのがポイントです。

 

 

⇒ 小学生のうちなら視力が戻る?!その理由は?

 

 

子供,視力,回復

 

プロアスリートも実践する 子供の視力回復アイトレーニング 

 

⇒ 視力回復の可能性がすぐ分かる!アイトレーニング公式サイトはこちら

 

子供,視力,回復

 

子供,視力,回復

 

子供,視力,回復

 

子供,視力,回復

 

子供,視力,回復

 

子供,視力,回復

 

 

⇒ 視力回復の可能性がすぐ分かる!アイトレーニング公式サイトはこちら

 

 

子供,視力,回復

 

子供,視力,回復

 

子供,視力,回復

 

子供,視力,回復

 

子供,視力,回復

 

子供,視力,回復
子供,視力,回復

 

これにより、両目の動きが正常か否かを自己診断することができ、

 

弱い部分を 鍛えることができるのです。

 

そして、両眼を正しく使うことで 距離感を読むことができ、

 

しかも、空間距離を 正確に 把握することができます。

 

 

その効果の高さから

 

プロ野球選手やプロボクサーなどのプロスポーツ選手も

 

トレーニングに取り入れているほどなのです。

 

アイ・トレーニングは、科学的トレーニングプログラムです。

 

NPO「日本視覚機能向上研究所」の人体メカニズムに対する研究と、

 

数多くの実験・検証を繰り返した末に完成しました。

 

⇒ 視力回復の可能性がすぐ分かる!アイトレーニング公式サイトはこちら

 

子供,視力,回復